マイナス3キロの成功例も|食事と亜麻仁油から摂れる栄養バランスの摂り方

食事と亜麻仁油から摂れる栄養バランスの摂り方

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナス3キロの成功例も

ウーマン

宿便を出す減量効果

活性水素水が持つ素晴らしい特徴の1つに、腸内の毒素を出す作用があります。痩せているのに体重が減らない方は宿便が溜まっている恐れがありますが、活性水素水を飲むだけで約3キロ分の宿便をだし減量に成功したケースも報告されています。便秘の原因は色々ありますが、90%の確率で腸内環境が悪化していることは間違いありません。悪玉活性酵素が腸内に貯まると、腸の動きが鈍くなり排便が難しくなります。活性水素水は分子サイズが小さいので、腸内にも届き悪玉活性酵素を取り除くことが可能です。腸内環境が改善し宿便が排出されると、腸本来の動きが回復し、自力で排便できるようになります。悪玉活性酵素を取り除かないことには、どんなサプリメントを飲んでもあまり効き目は感じられません。

冷えた状態はNG

便秘解消のために活性水素水を飲むなら、常温かぬるま湯にしましょう。活性水素水は凍らせても水素が逃げないほど、温度変化に強い性質があります。けれどキンキンに冷えた状態では身体が冷えてしまいます。冷えも便秘の原因の1つなので、消化器官を冷やさないよう活性水素水を飲む時の温度に注意して下さい。ただし、熱湯でぐらぐら加熱するのはNGです。さすがに70度以上の高温で沸騰させてしまうと、水素が逃げやすくなります。水素を温存するために、アルミパウチ入りの活性水素水をお湯に入れ50度ぐらいまで温めるのがポイントです。熱すぎると一気に飲みにくいので、水素を逃さずに飲むためにもぬるま湯ぐらいが活性水素水の適温です。